바로가기 메뉴

永川の未来

特化産業の育成と農業の競争力強化

  • 永川の未来
  • 永川市 10大戦略プロジェクト
  • 特化産業の育成と農業の競争力強化

広域エコ農業団地の造成

事業概要
  • 事業期間:2009〜2013(5年間)
  • 事業費:10,177百万ウォン(国費 5,000、道費 1,200、市費 2,800、自己負担 1,017)
  • 所在地:北安面, 南部洞一帯
    ※農畜産循環センター:処理容量-160トン/日、事業費 53億ウォン、主要施設-堆肥製造、液肥貯蔵、微生物培養、倉庫など
推進状況
  • 産地流通施設 : 稲の乾燥貯蔵施設1カ所、物流センター1カ所
  • 農畜産物の生産施設・装備
    • 粗飼料の生産設備1式、稲共同育苗場2ヶ所
    • 農業機械の保管倉庫2カ所、タニシ養殖場1ヶ所
    • エコ畜舎21棟、エコハウス16洞
  • 農畜産資源化センター敷地の確保
    • 半亭2里338番地一帯、敷地 14,000㎡、延床面積 4,200㎡
今後の予定
  • 農畜産資源化センターを10月末竣工予定
  • 住民念願の事業(村の休憩所、村道の拡張)をサポート
  • 高速道路のアンダーパスを拡張、付替道路延長の協議
広域エコ農業団地の造成

機能性養蚕産物の総合団地を造成

事業概要
  • 事業費:6,000百万ウォン(国費 3,000、道費 540、市費 1,260、自己負担 1,200)
  • 事業場位置:古鏡面一帯(柯樹里、五龍里)
  • 事業期間:2012〜2014(3年間)
  • 主な施設:現代化された生産設備、展示・売り場、加工施設など
推進状況
  • 2012.9.養蚕産物施設の現代化のための建設工事の実施設計完了
  • 2012.10.養蚕産物施設の現代化のための建設工事の公開入札
  • 2012.12.養蚕産物施設の現代化のための建設工事竣工予定
充実方策
  • 加工•生産施設の拡充による機能性製品の生産増大
  • 体験観光と連係し、高所得作目を育成
  • 今後の予定(2013年):機能性養蚕・加工生産施設の設置(2,000百万ウォン)

永川ワインバレーテーマパーク造成

必要性
  • 1事業、核心2課題解決:永川ワインの酒質向上、ワイン観光の活性化永川ワイン産業の自立化及び成長・発展の再跳躍基盤を築く
事業概要
  • 位置: 臨皐面 古川里 山43-1
  • 事業期間:2014〜2016(3年間)
  • 事業費:10,000百万ウォン
  • 事業内容:醸造用ブドウ品種を展示・栽培及びワイナリー供給で酒質の向上
  • ワインのテーマ展示販売場、公演会場、ギャラリー、レストラン、お土産ショップを造成
今後の予定
  • 2013年:関連部署の協議、敷地を確保し、実現可能性調査
  • 2014〜2015年:栽培・包装及びワインのテーマパークを造成
  • 2016年:永川ワインバレー・ワインテーマパークを運営
期待される効果
  • 大韓民国のワイン産業のメッカ、アジア地域のワイン観光産業のハブとして成長
  • ワインツアーの活性化に従う農業分野の同伴成長及び地域経済の活性化
永川ワインバレーテーマパーク造成
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?