바로가기 메뉴

文化観光

Movieギャラリー

  • 文化観光
  • Movieギャラリー

永川のワイン産業

  • 永川ブドウワインに出会う
  • 出展: 07年5月18日 TBC 朝出会う世界
黒くふくよかな房に甘酸っぱい味 そのまま食べてもおいしいブドウを、これからはワインで楽しもう! 本日、その仄かな香と味の魅力の中に、皆様をご招待致します。 全国最大のブドウ生産地である永川。総栽培面積2180m、年間生産量3万7千トン余りと全国の11%を占めていますが、さらに優れた味まで持ち合わせています。 「永川は国民1人当り4房が食べられるブドウ量を生産しています。ブドウは97%が果物として消費されています。」 ブドウ、今までは果物としてだけで楽しんでいましたか!?これからはもっと深い味と香りを持つワインを味わってみてください。私達の食感を満たしてくれ、その上農家所得にも利益になる一石二鳥の商品が誕生しました。

「ワインで新しい産業を興し、韓国のブドウ農業人達が豊かになり、ブドウの付加価置を新たに生かせるワインに転換していかなければなりません。」 「良いワインというのは良いブドウから作られるものですから、ワンランクアップさせた国産ワインとして、恐らく消費者の方に大きく喜んでいただけるのではないでしょうか。 現在、永川でワインを作る醸造場は二箇所で、まずは農民と大学、行政機関の協力で作られた所ですが、農業人1100人と地域のある大学が参加して去る2003年に設立しました。まだスタート段階ですが、醸造技術はプロです。たくさんの努力の末にキャンベル種を利用した赤ワインの生産に成功しましたが、先週成功的に発売されました。

「色がとても透明で赤い色を帯びていると言ったら良いでしょうか?」

「はい。それだけでなく、香りが農民が直接栽培した香りそのものです。色がこれほど赤くて透明な理由も、わが国、我が永川ならではの固有の特徴ではないかと思いますし、それをそのまま生かしてワインを作るのです。」

優れた色と香り、味はさらに特別で、我が固有のブドウの味をよく生かし甘味が強いのが特徴です。そのため、ワインを初めて味わう方も気軽に楽しむことが出来るそうです。技術力に基づいて、もっと多様な種類のワインを生産する計画だそうです。 さあ!ここが5人の地域農業人達が力を合わせて、去る6月に設立した場所です。現在、山ブドウ、MBA、キャンベル、このように3種類のブドウを使っています。既にレッドワインは6万本を生産し、市場への発売を完了しました。続いてホワイトワインやピンク色のローゼワイン、そして最近最高の人気を得ているアイスワインまで生産する予定です。

「私達に親しみのある果物、そんな香りをこれからは韓国人に合うワインにしていくという準備と気持ちで始めることになりました。」 永川ワイン、最初のワインは無事に出荷販売されました。 しかし、本当のスタートはこれからです。まず、ワインの原料になるブドウ供給の安全性問題が取り上げられています。安価な輸入農産物に対する安全性と収穫期に洪水のような出荷になって行くにつれ、需給の隔たりと価格の差も欠かせない問題であるからです。

ワイン市場の速い変化も考慮しなければなりません。最近、果実酒はもちろん、輸入ワイン市場が持続的に増加するにつれ、市民達の食感も変わりつつあります。したがって持続的な市場分析と技術開発は必須です。何より私達の口に合う差別化されたワインを作るのが重要です。 ワインの生産と販売だけに力を注ぐのではなく、これが与えるシナジー效果も考えてみなければなりません。外国のようにワイン醸造場を観光団地に造成すること、これだけでなく、ワインは洋食にあうという偏見を壊し、ワインとよく合う韓国固有の食べ物を開発し、また広報していけば一石二鳥でなくてなんでしょうか。・

「地域の特産物、地域観光、このようなものと連携できた場合には、地域の活性化、経済活性化は勿論のこと、農村、農民に一つの活力を吹き入れられるきっかけになると思います。」 農民とワイン生産者、そして行政機関と学会まで皆の力を合わせなければなりません。 それに最高を目指して真心と努力まで加えられたら、永川ワインは韓国を越えて世界に向かって進む事!は、それ程遠いこととは思えません。
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?