바로가기 메뉴

文化観光

朝陽閣

  • 文化観光
  • 文化財
  • 朝陽閣

朝陽閣

朝陽閣

の建物は高麗恭愍王17年(1368)当時副使だった李ヨンが建てたもので、明遠楼とも呼ばれた。 これは唐の文章家、韓退之の詩からきた言葉で、「広々とした遠くの景色を見渡すと両目さえ明るくなるようだ」という文章からきたと朝鮮の名文章家、四佳徐居正先生の明遠楼記文に書かれている。 本来は朝陽閣を中心に左右に清凉堂と双清堂などいくつかの建物があったが、「文禄の役」の時焼失された。 現在の建物は仁祖16年(1638)に改築され、朝陽閣と呼ぶようになった。 現在朝陽閣は正面5間、側面3間からなっており、この街に泊っていった数多くの賢人、風流客の詩が彫刻された約80の扁額が掛けられている。 また朝陽閣の境内には文学碑と荒城跡地の歌碑、永川地区の伝承碑などがある。 (北永川IC、青松、(旧)市役所前、永川IC、保健所、文化院、市役所、市役所五つ股道、ポハン)

  • 指定番号 : 有形文化財第144号
  • 所在地 : 永川市倉邱洞1-1番地
  • 時代 : 高麗恭愍王17年(1368)
  • 形式 : 重ね合わせ八作屋根
  • 所有者 : 永川市
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?