바로가기 메뉴

文化観光

銀海寺卦佛堂

  • 文化観光
  • 文化財
  • 銀海寺卦佛堂

銀海寺卦佛堂

銀海寺卦佛堂

掛佛画の形式は初期とは違って18世紀末になって急激に単純化し、三尊様式から独尊様式に変る傾向が目立つようになった。 \ 銀海寺の掛佛画もこの影響を受けたといえるが、その品格は極めて優れている。 このような構図の単純化を通じて表現手法の向上を図り、作品の優秀性を表すようにしたのは末期の省略と変化による特殊な形だといえる。 保存状態はやや粗い絹で折られていた痕と色あせが一部見えるものの、色などはほとんど完璧に保存されている。 與願印の阿弥陀怫が画面いっぱいの如来立像として描写されている。 如来の回りに円形の頭光が濃い緑色になっており、身光に代って霊山会相を表す蓮台座の上に立っている蓮華などの絵画的な表現は一幅の東洋画を連想させる。 これは、従来まで調査された掛佛画ではみられなかった背景の特徴といえる。 (清通、瓦村面IC、ハヤン、百興庵極楽殿、シンイルジ池、一柱門、銀海寺、清通交番、八公黄土サウナ、義城)

  • 指定番号 : 宝物第1270号
  • 時代 : 朝鮮英祖26年
  • 所在地 : 永川市清通面チイル里479番地
  • 規格 : 全体長さ11.56m、幅5.53m
  • 所有者 : 銀海寺
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?