바로가기 메뉴

文化観光

仁祖己巳摹本鄭夢周影幀

  • 文化観光
  • 文化財
  • 仁祖己巳摹本鄭夢周影幀

仁祖己巳摹本鄭夢周影幀

仁祖己巳摹本鄭夢周影幀

臨皐書院に所蔵されている包は鄭夢周先生の影幀は3本で、その全体的な姿は似ているが、制作年代、筆者、細部の描写などはそれぞれ異なる。 同一本からの模本でいずれも烏紗帽、靑袍團領、角帯を着用した姿で、鋪石や背景は描写していない。 崇禎己巳模本は見本の色で大きさは169.5cm*98cm、金ユクの作品とされ、絵の右下に「崇禎己巳模本」と墨書きされていることから1629年に描かれたとみられ、現在伝えられている圃隱鄭夢周象としては最古の作品とされている。 烏紗帽にうす青色の團領袍を着ている全身交椅像で左顔八分の顔貌をして連幅の絹に描かれており、衣褶も墨線ではない青色線で描写されている。 全般的に破損がひどいが、古格を持っており、現存の作品の中で最も古い作品である。 (臨皐面事務所、紫陽、中学校、スソン、交番、愚巷里、永川)

  • 指定番号 : 宝物第1110号
  • 時代 : 朝鮮時代
  • 所在地 : 永川市臨皐面ヤンヒャン里161番地
  • 材料 : 絹
  • 所有者 : 臨皐書院
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?