바로가기 메뉴

文化観光

銀海寺百興庵極樂殿須弥壇

  • 文化観光
  • 文化財
  • 銀海寺百興庵極樂殿須弥壇

銀海寺百興庵極樂殿須弥壇

銀海寺百興庵極樂殿須弥壇

銀海寺百興庵の極楽殿には阿弥陀三尊像が奉安されており、この三尊像を支えている仏壇は木で作られたものであるが、優れた刻法と特異な構成で注目される作品である。 須弥壇は朝鮮時代の中期に木で作られたもので、阿弥陀三尊像を支えている仏壇は全面が5段からなっており、各段も5等分されている。最上段は突き出ており、各区画の中には眼象を浮刻し、第2段は雉鳳凰、孔雀、鶴、雉などが、第3段は龍、童子、魚、蛙などが、第4段は象、獅子、鹿などが彫刻されている。 須弥壇は各種の動物をユニークに透かし彫りし、朝鮮時代の木彫刻の優秀性を遺憾なく発揮している。

  • 指定番号 : 宝物第486号
  • 材料 : 木材
  • 規格 : 高さ1.25m、幅4.15m
  • 所在地 : 永川市清通面チイル里549番地
  • 所有者 : 銀海寺
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?