바로가기 메뉴

永川案内

沿革

  • 永川案内
  • 沿革

先史時代

琴湖江の源流地帯であるここに人間が暮していた遺跡がある

三韓時代

「骨伐小國」という部族国家を形成

新羅時代

西暦236年、阿音夫王が新羅の助賁尼師今に降伏し、永川地方は「切也火郡」、新寧地方は「史丁火縣」になった。 景徳王16年(757年)臨皐郡に改称され、さらに景哀王2年(925年)には高鬱府に改称された後、管下に道同県と臨川県、ミョンベク県、梨旨県と称された。

高麗時代

高麗の初期には道同と臨川を合わせて永州郡と称し、成宗14年(995年)には水官として刺史を置き、その後1383年に知州事を置いて、恭愍王の時には新寧県が復県。

朝鮮時代

太宗13年(1413年)に永州郡を永川郡に改称して知郡事を置き、世祖 12年(1467年)に郡守を置いた他、燕山君3年に新寧が廃県されて永川に帰属された後、燕山君9年に再び復県した。 - 1522年、軍官の謀反で県に格下げされ、1533年に郡に郡に復帰

モバイル環境では左右に移動して内容(表)を見ることができます。

1894 ~ 1998 沿革
1894. 8 8道制の当時、慶尚道永川郡と呼ばれる
1896.8.4 勅令第36号(1896.8.4公布)により13道制が実施され、慶尚北道永川郡になる
1914.3.1 府令第111号(1913.12.29公布)により府、郡、面が廃合されて新寧郡へ統合。新村面、地谷面、化東面の一部が統合して化北面に、高村面、チョンギョン面が統合して古鏡面に改称
1937.7.1 府令第111号(1913.12.29公布)により府、郡、面が廃合されて新寧郡へ統合。新村面、地谷面、化東面の一部が統合して化北面に、高村面、チョンギョン面が統合して古鏡面に改称
1971.6.1 永川面を邑に格上げ(1邑10面)
1973.7.1 大統領令第6543号(1973.3.12公布)により琴湖面が邑に格上げ(2邑9面)
1979.5.1 郡条例第567号(1979.4.30公布)により永川邑の3出張所(東、南、北部)を設置
1981.7.1 法律第3425号(1981.4.13公布)により永川邑が市に格上げ(9洞)
1983.2.15
  • 大統領令第11027号(1983.1.10公布)により琴湖面道南洞、淸通面五樹、双溪洞、花山面梅山洞が永川市へ編入
  • 市条例第197号(1983.2.8公布)により道南洞を鳳鵲洞へ、五樹、双溪洞を校洞へ、 梅山洞を明山洞へそれぞれ統合、行政洞の管轄区域が変更
1984.8.30 市条例第281号(1984.8.30公布)により市役所の所在地を完山洞 1056-3番地から門外洞24番地に移転
1986.4.1 大統領令第11874号(1986.3.27公布)により化北面の三昌出張所がファサン面キホ洞を編入し、ファナム面に格上げ(1邑10面)
1987.1.1
  • 大統領令第12007号(1986.12.23公布)により臨皐郡オンハ、シンギ洞が永川に、清通面チュクジョン洞一部が慶山市瓦村面に、慶山市瓦村面溪堂洞の一部が琴湖面にそれぞれ編入
  • 郡条例第959号(1986.12.31公布)により溪堂洞の一部が琴湖邑トクソン洞に統合
  • 市条例第364号(1986.12.31公布)によりオンハ洞とシンギ洞がトンブ洞の管轄区域に調整
1988.1.1 郡条例第1042号(1988.1.1公布)により琴湖邑トクソン洞がトクソン1洞、トクソン2洞に、紫陽面忠孝2洞を忠孝2洞と忠孝3洞に行政洞を分離
1988.5.3 郡条例第1046号(1988.5.3公布)により洞が里に改称
1988.5.30 市条例第437号(1988.5.30公布)により市役所の所在地が門外洞27番に変更
1989.1.1
  • 大統領令第12557号(1988.12.22公布)により清通面ソサン里を永川市に編入
  • 市条例第470号(1988.12.31公布)によりソサン里が大田洞に調整
  • 郡条例第1092号(1988.12.31公布)により華北面ヨンゲ、ウォルゴク里が華南面に編入
1995.1.1 法律第4774号(1994.8.4公布)により京畿道南楊州市など33の都市・農村複合型の市設置などに関する法律に基づき、永川市と永川郡を統合、永川市を設置(1邑10面9洞)
1998.10.20 永川市条例第211号(1998.10.2公布)によりキョ洞と大田洞の大田及びソサンを統合してソブ洞にし、ミョンサン洞と大田洞のオミを中央洞に編入してチュナム洞、鳳鵲洞、ヨン洞を統合し、ナンブ洞に調整(1邑10面5洞)
페이지 만족도

페이지의 내용이나 사용 편의성에 만족하시나요?